実施中の調査

トップページ  >  実施中の調査

 「『仕事と生活についての第二世代調査』
事前アンケート」の概要
 

一般社団法人中央調査社は、慶應義塾大学経済学部教授 赤林 英夫、および慶應義塾大学パネルデータ設計・解析センターからの委託を受けて、『仕事と生活についての第二世代調査』事前アンケートを実施しています。

『仕事と生活についての第二世代調査』事前アンケートの概要は次の通りです。


■ 調査の目的
 高齢化社会における世代間の支え合いの現状や政策上のニーズを把握し、次の世代にとって明るい未来が開けるよう、社会制度の改善の可能性を検討するためのものです。


■ アンケートをお願いする方
 『就業と生活についてのおたずね(家計パネル調査)』の対象者で18歳以上のお子様がいらっしゃる方


■ 調査の進め方
 ①2016年12月に、お子様のお名前とお住いをうかがいます。
 ②2016年1月に、上記①で確認させていただいたお子様に、調査の説明文書とご案内をお送りし、調査にご協力いただけるかどうかのご意向をおたずねします。
 ③2016年2月に、上記②で調査にご協力意向のあるお子様を対象に調査を実施します。調査方法は紙面による「郵送調査」か、インターネットを利用した「ネット調査」のどちらかをお選びいただくことができます。


■ 事前アンケートの時期
 2016年12月



プライバシーの保護について

一般財団法人日本情報経済社会推進協会 Pマーク事務局のサイトへ
  弊社は、一般財団法人 日本情報経済社会推進協会の「プライバシーマーク」
 の使用許可を取得しています。
 ご協力いただきましたご意見等は、個人情報保護方針に従い、
 情報管理を徹底いたします。

■ すべてのお答えは、全体として何パーセントというように数値やグラフにまとめ、個人のお名前やお答えの内容が公表されることは、一切ございません。

■ 皆様のお名前やご住所の個人情報は、弊社が厳重に管理して本調査以外の目的で使用することは一切ございません。