実施中の調査

トップページ  >  実施中の調査

 「教育費負担と奨学金制度のあり方に関するアンケート調査」の概要 

一般社団法人 中央調査社は、
千葉大学国際教養学部 白川優治准教授 より依頼を受けて、「教育費負担と奨学金制度のあり方に関するアンケート調査」を実施しております。



■ 調査の目的
 現在、大学や専門学校の授業料負担の軽減が社会全体の課題となっており、給付型奨学金を新たに創設することを含め、奨学金制度の見直しが検討されております。本調査は、これからの教育費負担と奨学金制度の課題や方向性について考えるための基礎資料を得ることを目的としています。なお、本調査は独立行政法人 日本学術振興会 科学研究費助成事業の助成を受けて実施されます(研究課題/領域番号 15K04346)。


■ 調査をお願いする方
 18歳以上の男女 2,000人
(お願いする方々は、正式な手続きを経て閲覧した住民基本台帳から、何人おきといったように、統計的手法によって無作為に選ばせていただいております。)


■ 調査の進め方
 郵送配布・郵送回収法
 ※郵送にて調査票をお送りしますので、ご記入いただいた後、同封の返信用封筒(切手不要)にて2月24日(金)までにご返送いただければ幸いです。


■ 謝礼
 調査にご協力いただきました方には、お礼としまして図書券(500円相当)をお送りいたします。(3月下旬送付予定)


■ 調査に関するお問合せ
 調査に関するお問合せにつきましては、下記までお願いいたします。

  一般社団法人 中央調査社
  東京都中央区銀座6-16-12
  電話番号 0120(48)5351(フリーダイヤル)



プライバシーの保護について

一般財団法人日本情報経済社会推進協会 Pマーク事務局のサイトへ
  弊社は、一般財団法人 日本情報経済社会推進協会の「プライバシーマーク」
 の使用許可を取得しています。
 ご協力いただきましたご意見等は、個人情報保護方針に従い、
 情報管理を徹底いたします。

■ すべてのお答えは、全体として何パーセントというように数値やグラフにまとめ、個人のお名前やお答えの内容が公表されることは、一切ございません。

■ 皆さまのお名前やご住所などの個人情報は、弊社が厳重に管理して本調査以外の目的で使用することは一切ございません。