実施中の調査

トップページ  >  実施中の調査

 「離婚事件の実務に関するアンケート調査」の概要 

一般社団法人中央調査社は、東京大学大学院法学政治学研究科 齋藤宙治 助教から委託を受けて「離婚事件の法曹倫理実務に関するアンケート調査」を実施しております。


■ 調査の目的
 離婚事件の実務と法曹倫理の実態を解明し、離婚・親権紛争解決制度や法曹倫理のあり方の検討・改善に結びつけることを目的としています。


■ 調査をお願いする方・選び方
 弁護士1,000人(離婚事件を取り扱っている全国の弁護士の中から無作為に抽出)


■ 調査の進め方
 郵送法
※ 郵送にて調査票を対象者の方にお送りしております。記入していただいた後、同封の返信用封筒(切手不要)にて返送をお願いします。


■ 調査の時期
 2017年2月15日(水) までをめどにご回答をお願いいたします。


■ 調査に関するお問い合わせ
 調査に関するお問い合わせにつきましては、下記までお願いいたします。

  一般社団法人 中央調査社
  東京都中央区銀座6-16-12
  電話番号 03(3549)3125
         0120(48)5351(フリーダイヤル)



プライバシーの保護について

一般財団法人日本情報経済社会推進協会 Pマーク事務局のサイトへ
  弊社は、一般財団法人 日本情報経済社会推進協会の「プライバシーマーク」
 の使用許可を取得しています。
 ご協力いただきましたご意見等は、個人情報保護方針に従い、
 情報管理を徹底いたします。

■ お答えは全て、全体として何パーセントというように数字やグラフにまとめ、個人のお名前やお答えの内容が公表されることは一切ございません。

■ 皆様のお名前などの個人情報は、弊社が厳重に保管し、調査終了後、完全に破棄いたします。