実施中の調査

トップページ  >  実施中の調査

 「生物多様性地域戦略に関する自治体全国調査」
(未策定自治体対象)の概要
 

一般社団法人 中央調査社は、慶應義塾大学法学部大山耕輔教授より依頼を受け、
「生物多様性地域戦略に関する自治体全国調査」を実施しております。



■ 調査の目的
 この調査は、環境省の環境研究総合推進費による戦略的研究開発領域課題「社会・生態システムの統合化による自然資本・生態系サービスの予測評価」の一環として実施されます。地域戦略の策定促進における課題をガバナンスの観点から明らかにすることを調査の目的としております。


■ 調査をお願いする方
 生物多様性地域戦略を策定していない自治体  1,671自治体


■ 調査の進め方
 誠に勝手ながら、調査票をお送りさせていただきました。ご回答は、生物・生態系の保護を担当されている部署等、生物多様性の保全に近い業務を担当されている方にご回答いただき、ご記入がお済みになりましたら、お手数ですが、同封の封筒(切手不要)に入れて調査票をご返送ください。なお、インターネットによる回答も可能です。詳細は、同封の依頼状をご参照ください。


■ 調査の時期
 2017年2月3日~2月15日ごろまで



プライバシーの保護について

一般財団法人日本情報経済社会推進協会 Pマーク事務局のサイトへ
  弊社は、一般財団法人 日本情報経済社会推進協会の「プライバシーマーク」
 の使用許可を取得しています。
 ご協力いただきましたご意見等は、個人情報保護方針に従い、
 情報管理を徹底いたします。

■ お答えは全て、全体として何パーセントというように数字やグラフにまとめ、個人のお名前やお答えの内容が公表されることは一切ございません。

■ 皆様のお名前などの個人情報は、弊社が厳重に保管し、調査終了後、完全に破棄いたします。