実施中の調査

トップページ  >  実施中の調査

 「青少年期から成人期への移行についての
追跡的研究(JELS2017 家族調査)」の概要
 

一般社団法人中央調査社は、お茶の水女子大学(研究代表者:教授 耳塚寛明)からの委託を受けて、
『青少年期から成人期への移行についての追跡的研究(JELS2017 家族調査)』調査を実施します。


『JELS2017 家族調査』の概要は次の通りです。

■ 調査の概要
 JELS調査は、小学校・中学校・高校に在籍していた児童・生とおよび保護者の皆様を対象とした継続的な研究で、日本の学校教育や家庭教育の改善に役立てることを目的にしております。(小学校・中学校・高校生の皆様には、学校を通じて調査にご協力いただいております)。今回の調査は、これまでJELSにご協力いただいた方の保護者の方を対象に、お子さまが小学校にあがる前後のご家庭での過ごし方についてお尋ねします。


■ 調査をお願いする方
 2003年以降、小学校に在学中JELS調査にご協力いただいた方の保護者の方


■ 調査の進め方
 郵便にてお送りする調査票に記入していただき、同封の返送用封筒にてご返送ください。


■ 調査の時期
 2017年5月~6月


■ 調査の成果
 この調査は、日本の学校教育、雇用慣行、雇用制度の課題を明らかにし、その対策を得るために研究されます。
 また、調査結果は、お茶の水女子大学のホームページ及び各種学会にて公表及び報告書作成を行う予定です。



プライバシーの保護について

一般財団法人日本情報経済社会推進協会 Pマーク事務局のサイトへ
  弊社は、一般財団法人 日本情報経済社会推進協会の「プライバシーマーク」
 の使用許可を取得しています。
 ご協力いただきましたご意見等は、個人情報保護方針に従い、
 情報管理を徹底いたします。

■ すべてのお答えは、全体として何パーセントというように数値やグラフにまとめ、個人のお名前やお答えの内容が公表されることは、一切ございません。

■ 皆様のお名前やご住所などの個人情報は、弊社が厳重に管理して本調査以外の目的で使用することは一切ございません