実施中の調査

トップページ  >  実施中の調査

 「中高年者の生活実態に関する全国調査」の概要 

一般社団法人中央調査社は、東京大学大学院人文社会系研究科社会学研究室から委託を受けて、「中高年者の生活実態に関する全国調査」を実施しております。


■ 調査の目的
 この調査は、全国の50歳~58歳の方々に生活実態についておうかがいし、これからの少子高齢社会をより良くしていくための基礎的研究資料として活用し、政策課題の解決に向けて貢献することを目的としています。


■ 調査の内容
 家族や就業状況、社会保障に対する意識など、生活全般についておうかがいします。


■ 調査をお願いする方
 全国50歳~58歳の男女個人、2,074人


■ 調査をお願いする方の選び方
 調査をお願いする方は、全国にお住まいの50歳~58歳の男女の方全体の縮図となるように、無作為抽出と呼ばれる統計的手法を使って、各自治体の住民基本台帳から無作為に選ばせていただきました。
 住民基本台帳の閲覧につきましては、調査目的・調査結果の公表等の仕様を明らかにし、厳正な審査を受けて、個人情報の守秘を誓約した上で、正式な許可を得て閲覧しています。


■ 調査の進め方
 1.4月下旬に調査票をお送りいたします。届きましたら、調査票に直接回答をご記入くださいますようお願いいたします。
 2.5月中旬~6月上旬にかけて弊社の調査員が調査票を受け取りにおうかがいいたします。ご回答いただきました調査票は、回収用封筒に入れてお渡しくださいますようお願いいたします。
 ※今後2年ごとに数回に渡って調査をお願いいたします。


■ 調査の時期
 令和元年5月中旬~6月上旬


■ ご協力のお礼
 調査にご協力いただきました方には、お礼として「1,000円のQUOカード」を進呈いたします。


■ 調査結果の公表
 調査報告は、東京大学大学院人文社会系研究科社会学研究室の本調査研究プロジェクトのホームページにて令和2年12月頃に掲載を予定しています。


プライバシーの保護について

一般財団法人日本情報経済社会推進協会 Pマーク事務局のサイトへ
  弊社は、一般財団法人 日本情報経済社会推進協会の「プライバシーマーク」
 の使用許可を取得しています。
 ご協力いただきましたご意見等は、個人情報保護方針に従い、
 情報の管理を徹底いたします。

■ すべてのお答えは、全体として何パーセントというように数値やグラフにまとめ、個人のお名前やお答えの内容が公表されることは、一切ございません。

■ 皆さまのお名前やご住所などの個人情報は、弊社が厳重に管理して本調査以外の目的で使用することは一切ございません。